テンプHDが急反発、第3四半期営業利益は29%増 | 個別株 – 株探ニュース

テンプホールディングス<2181>は9日ぶり急反発。同社は12日取引終了後、16年3月期第3四半期累計(2015年4~12月)の連結決算を発表。売上高は3758億2600万円(前年同期比28.8%増)、営業利益は208億9200万円(同28.9%増)、最終利益は126億6900万円(同45.8%増)と大幅な伸びを示した。企業の求人需要が旺盛でこれを取り込んでいるほか、派遣・BPO(業務受託)部門においてM&Aによる業容拡大効果も寄与している。通期見通しは従来予想を据え置いているものの、好決算発表を契機に買い戻しを誘導する格好となった。出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)