50代60代向けのシニア求人に特化した完全成果報酬型シニア求人サイト『OVERAGE(オーバーエイジ)』が『アクティブシニア求人のOVERAGE』へリニューアルオープン – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

50代60代向けのシニア求人に特化した完全成果報酬型シニア求人サイト『OVERAGE(オーバーエイジ)』が『アクティブシニア求人のOVERAGE』へリニューアルオープン

50代60代向けシニア求人サイト『OVERAGE(オーバーエイジ)』を運営する株式会社NTTファシリティーズ総合研究所(本社:東京都港区芝浦1-2-1 シーバンスN館12階、代表取締役社長:奥野 聡)は、サイト利用者の増加に伴い求人掲載機能を強化し『アクティブシニア求人のOVERAGE』としてリニューアルオープンします。

■「アクティブシニア求人のOVERAGE」に込めた思い

日本全国の雇用課題を解決するために、元気な50代60代のアクティブシニアが、好きな時間に好きな場所で働き、輝き続けることを応援するシニア層に特化した、完全成果報酬型の求人サイト「オーバーエイジ」。
この度、求人掲載機能を強化し、「アクティブシニア求人のOVERAGE」としてリニューアルオープンします。

リニューアルの経緯は、就労意欲の高いシニアの方に多くご登録いただいていることが背景にあり、より多くのお仕事をご紹介し、一人でも多くのシニアの方が就業して「シニアが活躍できる社会」を実現するためです。今後、就労意欲の高いアクティブシニアの募集を強化し、アクティブシニアがより活躍できるお仕事を紹介し続けられる日本最大級のシニア層に特化した求人サイトを目指していきます。

サイトURL: https://overage-job.jp/

■今注目されているシニア人材の現状

国内の人材不足は日々深刻になっている中、シニア人材の活用に多くの企業が注目しています。そこで現在のシニア人材の現状に関して見ていきたいと思います。

厚生労働省「平成28年版高齢社会白書」によると現在65歳以上の労働力人口は744万人と労働力人口総数の11.3%を占めており、一昔前と比べるとかなり増加していることが分かります。2025年には日本の労働市場は583万人の人手不足に陥ると言われています。

今後より一層人手不足が深刻化していく中で、シニア人材の活用はどの企業にとっても急務であると言えるでしょう。シニア人材の就労意欲は非常に高く、働けるうちはいつまでも働きたいと考えている方が多いです。

「アクティブシニア求人のOVERAGE」はこうした就労意欲の高いシニア人材と人手不足で困っている企業をつなぐ、シニア層に特化した日本最大級のシニア求人サイトです。

■日本最大級のシニア求人サイトとして「アクティブシニア求人のOVERAGE」が果たす役割

現在、国内の人手不足は深刻化し、多くの業種や職種でシニア人材の確保が必須となってきています。『アクティブシニア求人のOVERAGE』は完全成果報酬型のシニア層に特化した求人サイトです。

働きたいシニア人材と企業をつなげるため、サイトの利便性向上に取り組み、職種・条件・地域から探せる簡単検索機能の実装や、スマートフォン操作にも対応しています。今回は求人掲載機能を強化し、より一層使いやすく、さらなる利用者の増加を目指してリニューアルしております。

お仕事の情報だけでなく、日常で役立つコンテンツの提供も行っています。また、完全成果報酬型の求人サイトのため、採用できてから初めて費用が発生しますので、求人掲載から応募、面接まで費用は一切かかりません。他社媒体とは違い無駄な広告費を使わずに済むため、募集が上手くいかずにお困りの企業様にとって魅力的なサービスとなっています。

求人掲載しても応募がなく、募集費用だけ無駄にかかって困っている企業様必見です!

■会社概要

商号
:株式会社NTTファシリティーズ総合研究所
代表者
:代表取締役社長 奥野 聡
所在地
:〒105-0023 東京都港区芝浦1-2-1 シーバンスN館12階
設立
:昭和62年3月
事業内容
:一級建築士事務所 東京都知事登録第036604号(本社)
 大阪府知事登録(ロ)第16412号(関西事務所)
 特定建設業 国土交通大臣許可(特-25)第25255号
 労働者派遣事業 許可番号:(派)13-170011
 有料職業紹介事業 許可番号:13-ユ-300834
資本金
:1億円
URL
https://www.ntt-fsoken.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先

企業名
:株式会社NTTファシリティーズ総合研究所
担当者
:オーバーエイジ事務局  田淵(たぶち)
TEL
:03-6414-6049
Email
:info@overage-job.jp


今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ