独自の研修制度『感動大学』を活用し「働き方改革」を推進。9/25より新講座開講。 – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

独自の研修制度『感動大学』を活用し「働き方改革」を推進。9/25より新講座開講。

20170829_01_02

自社エンジニア向けの人間力・仕事術研修制度
「感動大学」で働き方改革を推進
「感動大学」で9月25日より「タイムマネジメント」講座を開講

仕事を効率化する術を学び、無駄な残業を削減し、空いた時間は「感動大学」で将来の自分へ投資。

ITエンジニア人材アウトソーシングサービスを提供する株式会社ボールド(本社:東京都港区赤坂、代表取締役:澤田敏、以下ボールド)は、自社のITエンジニア向けの人間力・仕事術研修「感動大学」を通じて、働き方改革を推進するプログラムを社員向けに提供しており、9月25日より新たに「タイムマネジメント」講座を開講いたします。

「感動大学」では、人間力や仕事術に関する講座をその分野の専門家を会社に招き開講しています。ボールドでは設立当初より「人間力のあるITエンジニアを増やしていくこと」を目標に掲げ人材教育に取り組んでまいりました。しかしながら外部講座は日中に開講されたり、高額の費用が発生する為、気軽に活用することが困難な傾向にあります。

そういった現実を踏まえ、社内で20時から無料で開講することにより、社員が活用しやすい環境を提供してまいりました
 
日本政府は、2016年8月3日に発足した第三次安倍再改造内閣にて、「働き方改革担当大臣」を任命し、働き方改革実現に本腰を入れています。特に以前より過酷な労働環境というイメージの強いIT業界は、現在も他業種と比較すると残業が多い傾向となっています。

厚生労働省の発表している毎月勤労統計調査によると、情報通信業の月間所定外労働時間は14.7時間(2017年6月実績)となっており、他業種と比較すると所定外労働時間の多さは上位3位に入っています。
 
そこでボールドでは、社員の能力向上により、社内の働き方改革を推進すべく、9月25日より感動大学にて「タイムマネジメント」講座の開講を決定しました。社員がタイムマネジメント力を磨くことにより、業務を効率化し、無駄な残業を削減し、働き方を改善していくことを狙いとしています。

また、社員のビジネススキルを向上させるべく、「タスク管理」「ファシリテーション」「アサーティブコミュニケーション」等の講座の開講を計画しております。無駄な残業時間を削減することで、プライベートを充実させるだけでなく、将来の自身のキャリア実現の為の自己研鑽に時間を投資する事が出来るようになり、更に自己実現の為に「感動大学」を活用してもらうことを望んでいます。
 
2015年9月に施行された「改正労働者派遣法」により、派遣社員活用のあり方は大きく変化しました。いくつかある改正点の中でも特に各企業が重要な課題として捉えているのが「派遣労働者の雇用安定とキャリアアップ」に関する事項です。派遣会社に対して、派遣社員に対する計画的な教育訓練や、希望者へのキャリアコンサルティングの義務付けなどを求めるものです。

このような時代背景の中で、ITエンジニアのアウトソーシング業を展開するボールドが行う「感動大学」が、この課題を解決する道筋となることを目指しております。
 
今後もボールドは、働き方改革を推進しながら、ITエンジニアの技術力と人間力向上に力を注ぎ、IT業界の新たなスタンダードを生み出し、IT業界を魅力的な業界に革新して参ります。

【「感動大学」について】
「感動大学」というネーミングの通り、大学のように社員が好きな講座を選び受講する形式となる為、講座数もスタート時から30種類あり、毎日開講されます。
主な現在の講座内容は、ロジカルシンキング・マネジメント・話し方・敬語・プレゼンテーション・メンタルヘルス・英会話等。これらの講座をITエンジニア向けにアレンジし、開講しています。今後社員のニーズを引出し、さらに講座数を増やしていくことを目指しています。

―講座例―
<ビジネススキル>
仮説思考と分析の技術、仕事で役立つロジカルシンキング、課題設定力の高め方、氾濫する情報をうまくまとめる方法、企画力とアイディアの発想法、プレゼン道場、他

<コミュニケーションスキル>
第一印象をアップさせるコツ、タイプ別コミュニケーション、話す力・聴く力、ビジネス敬語、出来るビジネスマンの身だしなみ、他

<マネジメントスキル>
7つの習慣®、ビジネスコーチング、リーダーシップマインド養成講座、チームビルディングにおける目標の重要性、他

<メンタルヘルス>
感情整理、自分分析から強みを知る、他

<テクニカルスキル>
Java中級、Linuxコマンド、TOEIC対策、他

【感動大学受講者の声】
20代女性社員 『仮説思考と分析の技術』受講
これを無料で聞いていいのかと感じた。身につけて自分のものにしたいと強く思った。ゼロ秒思考と3分間筆記(感動大学で学んだこと)やっていきます!

40代女性社員 『感情整理』受講
7月から半年、かなり積極的に感動大学を受講してみました。その結果、実感したのは「考えることにも訓練が必要」ということです。考えろ、と言うだけでは、どう考えていいのかわからなかったりするし、このような訓練によって、より深く考えが浮かんだりするなーと思います。本当に社員みんなにもっと感動大学を受けて欲しいです。

30代男性社員 『7つの習慣®』受講
重要なこと、そうでないものの整理が不充分ですべてを無駄にかかえこむことが多いので整理したいと思う。週間スケジュールも習慣づけたい。

■ボールドについて http://www.bold.ne.jp/
ボールドは、ITエンジニアのアウトソーシング事業を展開する企業です。官公庁から一般企業まで幅広いユーザーに対してIT人材によるサービスを提供しております。特に、社員の教育に力を入れており、人間力を兼ね備えたITエンジニアを育成し、品質のよいサービスをユーザーに提供しております。
人間力を兼ね備えたITエンジニアを育てることにより、IT業界の『35歳定年説』を覆していくこと目指しております。

■リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ボールド 経営戦略本部 広報担当 徳永
TEL:03-5545-7177
FAX:03-5545-4417
E-mail:pr@bold.ne.jp



今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ