求人メディアを運営するウェルクスがWeb接客ツール「f-tra CTA」を導入。導入前と比較して、1.3倍の福祉業界の求職者獲得に成功。 – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

求人メディアを運営するウェルクスがWeb接客ツール「f-tra CTA」を導入。導入前と比較して、1.3倍の福祉業界の求職者獲得に成功。

 株式会社エフ・コード(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:工藤勉、以下エフ・コード)は、Web接客ツール「f-tra(エフトラ)CTA」を、福祉業界に特化した求人メディアを複数運営する株式会社ウェルクス(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:三谷卓也、以下ウェルクス)の約20サイトへ導入し、導入後、会員登録のCVRが130%向上し、導入前と比較して1.3倍の求職者の獲得に成功したことを発表します(データ元:Google Analytics、計測期間:2017/04/01-2017/06/30と2017/07/01-2017/09/18の比較、対象サイト:保育のお仕事)。

 エフ・コードが提供する「f-tra(エフトラ)」は、Webサイトに数行のコードを埋め込むだけで、Webサイト訪問者の接客や、Webサイトへの再訪促進ができるマーケティングソフトウェアです。現在、「f-tra」では、ユーザーがお問い合わせ等で利用するフォームを正しく入力できるよう支援する「EFO」、ユーザーの行動から適切な情報を適切なタイミングで提供する「CTA」は、そしてブラウザ通知機能を利用して過去にWebサイトに訪問したユーザーに再来訪を促すことができる「Push」の3種類の機能を提供しています。

【導入事例】人材サービス業界で急成長企業のウェルクス、ユーザーの興味のある求人や、検討段階に合わせ、最適なWeb接客を提供。~まるで専属コンサルタントが付いてくれているような体験に~

・導入背景
ウェルクスは、保育士や介護職の求人・人材紹介サービスメディアの運営等、福祉業界に特化したメディアサイトを複数運営しています。Webサイトに来訪した求職者に会員登録を促し、会員となった求職者に専属コンサルタントがニーズに合った求人案件を紹介しています。近年、有効求人倍率は上昇傾向にあり、広告出稿企業は増加傾向にあります。このような求職者優位の売り手市場を背景に、ウェルクスはWebサイト上での求職者に選ばれやすい施策を強化する必要がありました。特に、求職者がWebサイトから離脱することなく会員登録することは会員数を増加させる上で重要です。ウェルクスは会員数増加の施策として、(1)求職者の情報ニーズに合わせて会員になるメリットの見せ方を変えることで会員登録を促し、(2)見せ方を変えた結果求職者がどのように反応したのか効果検証しながら会員登録増加施策の成果を高めていくことができる、という2点を満たすUI改善ツールの導入を検討していました。様々なツールで導入テストを行った結果、Webサイト内でユーザーの行動から適切な情報を適切なタイミングで提供し、運用支援やシナリオ設定まで任せることができる「f-tra CTA」の導入を決定しました。

・f-traの活用内容と成果
 「f-traCTA」は、2017年7月に「保育のお仕事(https://hoiku-shigoto.com/)」や、「介護のお仕事(https://www.kaigo-shigoto.com/)」をはじめ、ウェルクスが運営する約20サイトに導入されました。Webサイト上で、求職者に対して専属コンサルタントのように接客できるUIの実現と、会員獲得数向上に取り組みました。具体的には、Webサイトの会員登録数向上を図るために、求職者の情報ニーズに合致した会員登録のメリットを訴求しました。
 Webサイトに流入した経路や、訪問回数、過去のアクセス履歴等から、ユーザーを”初期検討層””能動的な層””消極的な層”等の複数グループに分類。それぞれの興味ポイントや想定導線を定義したうえで、例えばまだ転職に消極的と思われる求職者に対してはまずお悩み相談コンテンツなどに誘導し、その上で興味を深めるような接客で会員登録を促しました。

▼「f-tra CTA」を用いた場合の接客の変化
ウェルクス様_挿入画像

 「f-tra CTA」は、Webサイトへの訪問回数や流入経路を把握するとともに、Webサイトへの訪問回数・滞在時間・閲覧ページの内容等、Webサイト内の行動も細かく把握した上でWebサイト来訪者を細かくセグメント分けします。Webサイト来訪者が位置するセグメントに応じてユーザーに訴求する情報を定義し、適切な情報を提供します。ウェルクスでは、約30ものセグメント分けを行い、各セグメント毎に適切な情報を提供し、常にABテストを用いた効果検証を繰り返しました。
 その結果、「f-tra CTA」導入後の2017年7月以降、会員登録のCVRが130%向上し、導入前と比較して単月で1.3倍の求職者の増加に成功しました (対象サイト:保育のお仕事)。

【エフ・コードについて】
 2006年3月設立、SaaS事業とWebコンサルティング事業を展開。創業時より展開するWebコンサルティング事業では、広告・コンテンツマーケティング・コンバージョン改善を中心に各業界大手企業のWebサイトの成果改善に寄与しています。SaaS事業ではWebコンサルティングの知見に基づいたマーケティングソフトウェア「f-tra(エフトラ)」を日本・タイ・香港・インドネシアの4拠点で提供。2016年より「マーケティングテクノロジーで世界を豊かに」を経営理念に、プロダクト開発とアジア展開への投資を強化。アジアから世界をリードするマーケティングテクノロジーカンパニーを目指しています。

【株式会社 エフ・コード】
所在地:東京都千代田区五番町6-2 ホーマットホライゾンビル5F
代表取締役:工藤 勉
設立:2006年3月
URL:https://f-code.co.jp/
<本リリース・サービスに関するお問い合わせ>
株式会社 エフ・コード 広報担当 清水 03-6272-8993  press@f-code.co.jp



今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ