まだやみくもにテレアポしてるの?売れてる求人広告営業マンの賢い戦略 – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

まだやみくもにテレアポしてるの?売れてる求人広告営業マンの賢い戦略

hrog__0319

こんにちは!HRog編集部です。新規取引先を開拓する時、どのようにアプローチの優先順位を決めていますか?もし、やみくもにテレアポをしているようであれば、要注意。自社に出稿する可能性が高い企業をもっと効率良く探しましょう!

優先順位が高い企業その1:他媒体に掲載中 or 直近掲載していた

tel

ご存知の通り、昨今の人手不足で採用の成功率は低くなっています。求人広告を出しても、応募が来ないことは珍しくありません。

現在掲載中の企業であれば、掲載開始から一週間程度で、応募の進捗や採用できそうな見込みがあるのか、一度状況を確認したいもの。基本的に一週間で新着表示が外れて掲載順位は下がるので、もし進捗が悪いようであれば、そこから盛り返すのは至難の技です。

直近掲載していた企業に関しても、引き続き動向をチェックしましょう。仮に選考が進んでいて順調だったとしても、売り手市場の今、候補者が先に他社への入社を決めてしまうことも考えられます。無事に入社するまで、油断はできません。

優先順位が高い企業その2:長期的に掲載をしている

long

掲載頻度が高い会社は、言わずもがな採用ニーズの高い企業です。もしも長期でずっと求人広告を出しているようであれば、3つの可能性が考えられます。

  • 積極的にどんどん採用をしたい企業
  • いい人がいたら採用をしたい企業
  • 採用できずにズルズルと掲載し続けている企業

1つ目の積極的に採用している採用ボリュームの大きい企業には、採用活動の中で感じている課題をヒアリングしましょう。今出している媒体だけで足りているのか、応募の内容はどうなのか、他に募集したい職種はないのか。そこに対して自社で解決できる施策を提案できるとベストです。

2つ目のいい人がいたら採用をしたい企業は、すぐにリプレイスをかけるのは難しいかもしれません。ただ、採用する余力のある企業ということは、今後積極採用に転じる可能性も。長期的に接点を持つことを心がけ、採用計画が変わった時にキャッチアップできる状況を整えたいところです。

3つ目の採用できずにズルズルと掲載し続けている企業は、ぜひ提案に繋げたいところ。媒体側が実績を出したくて無料延長をしている可能性も考えられますが、果たしてそのまま延長していて採用できるのか。担当者の目を覚ませて、建設的な代替案を提示しましょう。

優先順位が高い企業その3:掲載頻度が高い

timing

頻繁に募集をかけている会社はもちろん要チェックです。もし掲載頻度に傾向があれば、そのタイミングでアプローチをしましょう。数ヶ月ごとに採用プランを立てて募集をかけているのかもしれません。

頻度がバラバラで傾向がない場合は、欠員募集の可能性が高いです。タイミングを予測するのは難しいですが、ニーズが出た時に連絡をもらえる体制は整えたいところです。

リレーションを構築するのはもちろんですが、例えば欠員が出たときは急いで新しい人を採用したいもの。スピード感が求められるため、過去の求人広告データがある既存の求人媒体に出し続けている可能性もあります。募集頻度が高いようであれば、先に求人広告を作って仕舞うのも一つの手です。

優先順位が高い企業その4:毎年同じ時期に掲載している

calendar

毎年決まった時期に採用をしている。こんな企業には、1カ月半〜2カ月前、採用の準備をし始めるタイミングを見計らって連絡をしたいところです。

新規テレアポを始める前に、まずは去年、今から2ヶ月後の月に求人広告を出していた企業を調べてみましょう。その中で、毎年その時期に採用をしている企業があれば要注目です。

番外編:優先順位が低い企業

often

採用の頻度が低く、単発募集で、タイミングもバラバラ。採用ニーズが掴みにくい上に、採用が発生する頻度も低いのであれば、当然優先順位は下がります。中でも次のような企業は、積極的にアプローチをする必要性が低いと言えます。

設立が古く、従業員数も少ない会社

家族経営で縁故採用がメイン、採用をするにしてもハローワークが中心というケースが少なくありません。特別な新サービスがなく、従業員数も伸びていないようであれば、今後拡大することも考えにくいです。

売り上げが上がらない職種で募集をしている会社

売上げを作る営業職や、サービスの根幹を担うエンジニアやデザイナーと言った職種は、会社の利益に関わります。そのぶん採用も積極的に行いますが、バックオフィスの職種は欠員募集がメインです 。募集が少ないため、応募が集まりやすく採用もしやすく、かつ採用単価は低い傾向にあります。

まとめ:大事なのは企業ごとの採用タイミングをデータベースで抑えること!

databese

他媒体に掲載していた、長期で掲載し続けている、そして掲載頻度が高い。こういった情報をきちんとデータとして持っていれば、それをリスト化するのは簡単ですし、より効率的な営業ができるようになります。ただ、自分でデータを集めたり、サイトをチェックして情報を引っ張ってくるようなプログラミングをしたりするのは、手間が掛かるし、リソースの確保が大変です。

そこでオススメなのは外部の優れたリストサービスを活用して、自分が一番欲しい情報を正確にゲットすること。営業リストはHR業界シェアNo.1の企業リストサービス「HRogリスト」がオススメです(類似サービスとの比較記事はコチラ)。お試しで無料のフリープランもあるので、ぜひ活用してみてくださいね。

新規開拓をするのであれば効率的に採用ニーズのある企業へアプローチをしたいもの。売れている営業マンほど戦略的に営業活動をやっています。

HRogリスト-リーダーボードバナー729_90

(HRog編集部)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ