口コミサイト / 求人検索エンジン

転職会議

株式会社リブセンス

COVID-19の流行をきっかけに、これまで技術としては可能であっても活用されてこなかったテレワークやWeb面接が一気に広まりました。勤務地や通勤時間といった制限が緩和され、新たに労働市場に出るチャンスを得る方々、パラレルキャリアへ挑戦する方々が増えると予想しています。

また翻訳技術の向上によって、世界中からジョブを選んで働くということも当たり前になっていくかもしれません。そしてHR業界では、複雑化する組織マネジメントの支援や、ジョブ型雇用の成果の可視化などが喫緊のニーズとして生まれてきます。これらの変化を追い風にして、人生100年時代、多様化する労働者のライフスタイルにいかに寄り添えるかの戦略が、雇用側の命運を分けることになるでしょう。

このような状況の中『転職会議』は、引き続き透明性の高い転職情報の提供に努めていきます。さらに、働き方が多様化する未来では、高い次元でパーソナライズされた情報提供が求められると考えています。ビッグデータを活かしたOne-to-Oneの情報提供を目指し、個人と組織、社会全体にとってのより良い未来の選択を応援していきます。

「転職会議」サービスサイトはコチラ

スタンバイ

株式会社スタンバイ COO
山本 敏史 様

新型コロナウイルスの影響でリモートワークやweb面接の普及が進んだのは、とてもいい流れであると感じています。しかしまだまだ「はたらく」を創出する仕組みにおいて、テクノロジーで改善できる余地は大いにあります。『スタンバイ』もテクノロジーの活用を通じて、求職者一人ひとりの選択肢と可能性を広げていきたいと考えています。

労働市場には、あらゆる職種や雇用形態で働く方々がいますが、中でもローカル経済圏で働く方は、仕事探しの際に画一的な情報をもとに判断せざるを得なかったり、これまでの職場でどれだけ評価をされていても、次の仕事を探す時に優遇されなかったりと、自分のキャリアや志向に目を向ける機会が少なくなりがちです。しかし自身の経験をキャリアとして積み上げ、発揮できる価値を可視化できれば、それを評価する企業に出会う可能性も高まり、働くやりがいも増していくでしょう。

『スタンバイ』を通してこのような仕組みを提供し、真摯に働く人が正当な評価を受け、より良い仕事に巡り合う世界を作っていきたいです。それにより人材の流動性や価値向上を実現し、日本全体の生産性を底上げしていきたいと考えています。

「スタンバイ」サービスサイトはコチラ

ワンキャリア

株式会社ワンキャリア PR Director
寺口 浩大 様

仕事選びのあり方は今後も大きく変化していくと考えています。説明会やインターン、面接などのオンラインへの移行が一般的になると同時に、大きな変化が起こりつつあります。

SNSやクチコミメディアが普及することにより、候補者の体験が可視化され蓄積、拡散され、求職者が企業に興味を持ったり、魅力を感じる機会はオープンになってきています。今後、企業の採用におけるコミュニケーションはより透明性のあるものにならざるを得なくなるでしょう。

そのような中、弊社はこれまで不透明な状態が続いていた仕事選びのマーケットを透明化するために様々なアクションを起こしてきました。

今後も「仕事選びに、透明性を」というメッセージを社会に対して発信し、人生で最も重要な意思決定である仕事選びがより時代にあったものになるよう、求職者の声でマーケットを透明化していきたいと考えています。

「ワンキャリア」のサービスサイトはコチラ

就活会議

就活会議株式会社 取締役COO
赤塩 勇太 様

COVID-19の流行を契機に、個人と組織の関係性は急速に変化していくことになります。テレワークやDXが普及したことにより、組織としては以前から課題としてあった働き手の不足に対して副業・兼業といった新たな雇用関係の拡大や、居住エリアを問わずに必要な人材の採用を実現できるようになりました。一方で、個人に目を向けると仕事における自立性が求められるようになったため、特に若年層においてはパフォーマンスを発揮できる人、できない人の二極化が進んでいくと思います。

そのような変化の中で就活会議では、引き続きユーザーファーストを体現していきます。経年で蓄積されるビックデータを活かすことで、「求職者に”見せたい”情報」ではなく、「求職者が”必要としている”情報」を提供し、個人・組織の双方にとって最適なマッチングを実現することを通して、若年層のキャリアが前向きなものになるように支援していきたいと考えています。

「就活会議」サービスサイトはコチラ

JobQ

株式会社ライボ 代表取締役社長
小谷 匠 様

マクロでは、労働者人口が減少していく日本において買い手市場から売り手市場への緩やかな移行が予想されています。
また近年ではアベノミクスによる働き方改革、一億総活躍社会の実現に向けて副業の解禁をはじめとした人材流動性の向上が見込まれていました。

2020年のCOVID-19の流行をきっかけに一時的には買い手市場への移行が起きている昨今ですが、テレワークの浸透が加速する中でより柔軟な働き方ができるようになり副業やパラレルワークが増加、またこれまで市場に出てこなかった非労働者が働けるようになったりと、労働者が多様な働き方を選べる点で大きな節目を迎えていると思います。

採用活動においてもデジタルトランスフォーメーションが進み、企業と求職者の距離がますます近くなっていくと予想しています。インターネットの普及によりグルメや旅行の領域でサービス提供者とユーザーの距離が近くなっていったように、採用の領域でも企業と求職者の距離が縮まり、透明性の高い採用活動・求職活動が進んでいくと思います。

「JobQ」を通して、採用活動や求職活動の透明性の向上を実現し、一人ひとりが後悔のないキャリアの意思決定ができるようサポートしていきたいと思っています。

「JobQ」サービスサイトはコチラ

「#2025年のHR」コメントの寄稿はコチラ