ビズリーチが完全無料の採用サービス「スタンバイ」をリリース – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

ビズリーチが完全無料の採用サービス「スタンバイ」をリリース

管理職・グローバル人材に特化した会員制転職サイトを展開するビズリーチさんは、5月26日、クラウド型の求人サービス、スタンバイを発表しました。全業種、全職種、全雇用形態を含む約300万件の求人情報を対象にした完全無料のサービスで、1年後には求人掲載社数5万社、登録求人掲載数20万件を目指す予定です。

minami_san

「採用に困っている日本全国の企業のみなさま、とくに”採用の仕方がわからない””インターネット使い切れていない”というような中小企業のみなさまへのエールとなればと思っています。求人情報に特化したグーグルのようなサービスだと思ってもらえばわかりやすいと思います。」と語るビズリーチ代表の南氏。

記者会見では、「採用革命」を掲げる「スタンバイ」について、2つのキーワードが上げられていました。

1つめのキーワードは「無料」

スタンバイを利用する企業は完全無料で求人情報の作成から公開、応募者の管理ができ、採用成約時の成約手数料も払う必要がありません。つまり掲載から成約至るまでのすべてのプロセスの費用が無料になります。

2つめのキーワードは「簡単」

企業は募集概要を管理画面に入力すれば、わずか5分程度でPC・スマートフォン双方に最適化した求人ページが生成されます。ITに関する専門知識がなくても、簡単に利用することができます。
求職者側は、スタンバイでキーワード検索(業種、職種、働き方など)することで、求人情報が一括で表示されるので、簡単かつ効率的に求人情報を検索することができます。

kakumei

Indeedとの違いは?収益モデルは?

質疑応答の時間には、スタンバイの収益モデルや、リクルート社のIndeedとの違いについての質問が多くあがりました。

独自の求人を掲載

Indeedとの違いについては、「要素として似ている部分はありますが、大きく異るポイントとして、スタンバイでは独自の求人情報を収集している点があげられます。独自の求人情報を含めて、あらゆる求人情報の収集を徹底的にやっていくことが最優先と考えております。」との説明がありました。

当面の黒字化は目指していない

また、収益モデルについての質問については、「googleのような広告収入がメインになる。それを実現するためにも、まずは1つでも多くの求人情報、求職者が集まるような交差点を作ることに注力したい。その周辺に広告での収益化のチャンスが生まれると考えている。」「当面の収益化は考えていない」と回答されていました。

レジャー体験予約サイト「asoview!」と提携、地方創生を推進

スタンバイのリリース発表後には、日本最大級の遊び・体験の予約サイトasoview!を運営するアソビューとの業務提携についての発表がありました。

ラフティングや陶芸体験など、日本の各地域の利を活かした体験型のレジャー事業は地方や周辺地域への経済効果が期待され、地方創生につながることが期待されています。 しかし一方で、人材の確保についての課題は残ったままとなっています。

実際にasoview!を利用している有限会社ネイチャー・ナビゲーターの代表のたちむら氏は、会見の中で「レジャー系の求人はこれまでの求人媒体だと費用対効果が低いと感じていましたが、無料で簡単に利用できかつキーワード検索によってマッチング率の向上も見込めるスタンバイには期待しています」と語り、アソビュー代表の山野氏からは、「asoview!×スタンバイの提携により、これまでの提供してきた集客サービスだけではなく、採用についてフォローをすることでレジャー産業を盛り上げていきたい。」という想いが語られました。

biz_kaiken

5月26日よりサービスが開始されているスタンバイ、PCだけでなく、iOSアプリ、Androidアプリも同時にリリースされています。

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ