ウォンテッドリーが長期インターンシップを検討する会社向けに 「人事担当者のインターンシップ」を実施 – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

ウォンテッドリーが長期インターンシップを検討する会社向けに 「人事担当者のインターンシップ」を実施

Wantedly

ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーは、学生向けの長期インターンシップの実施を検討している会社向けに「人事担当者のインターンシップ」を2018年2月15日(木)に実施いたします。

▼「人事担当者のインターンシップ」お申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/bQHIr6oDVXMPVFTy1

「人事担当者のインターンシップ」取り組みの経緯

ウォンテッドリーは『シゴトでココロオドル人をふやす』を理念にビジネスSNS「Wantedly」を展開し、2017 年度はユーザーが会社に話を聞きに行った回数が140,000 回を超え、これまで数多くの会社とビジネスパーソンのマッチングに貢献してきました。

『シゴトでココロオドル』ためには、会社とビジネスパーソンが条件ではなく、“共感”からマッチングすることが大事であると考えており、それは会社と学生においても同じことが言えると思っています。現状の新卒採用では、多くの学生が就職活動の一定期間の中で得た情報をもとに動き、会社も短い期間の中で目標とする採用人数の達成を目指すため、学生と会社がお互いの求めるものをきちんとすり合わせ、共感でマッチングできる仕組みにはなっていません。

学生と会社のより良いマッチングのために、ウォンテッドリーは学生が学業と就業をつなぐ活動、すなわち長期インターンシップを推進し、実際に自社でも多くの学生インターンを受け入れ、大学などの教育機関との取り組みを進めています。長期インターンシップは、学生にとって学業と就業をつなぐ機会になるだけではなく、会社にとっても自社のことを学生に深く知ってもらうことができ、デジタルネイティブな若者の発想や見解を得られるチャンスでもあります。一方で、“長期インターンシップをどのように行って良いのかがわからない”といった声が「Wantedly」を利用する人事担当者からも上がっており、これまで勉強会やセミナーなどを行ってきました。

今回、長期インターンシップの実施を検討しているすべての会社向けに「人事担当者のインターンシップ」を行うことで、それぞれの会社や人事担当者が抱える障壁を取り除く機会にしたいと考えています。ウォンテッドリーがこれまで培ってきた学生との向き合い方や、仕事の任せ方などを実際の現場を見ながら体験していただき、課題解決のきっかけを提供することで、長期インターンシップを実施する会社を増やし、学生の『シゴトでココロオドル』体験をふやしていけるよう努めてまいります。また、今回はこれまて?お問い合わせか?多かったビジネスセクション向けの内容を想定しております。

「人事担当者のインターンシップ」詳細

申し込み:以下のフォームよりお申し込みください
https://goo.gl/forms/bQHIr6oDVXMPVFTy1

日程:2018年2月15日(木)10時~14時
場所:ウォンテッドリー株式会社 〒108-0071 東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル4階
参加条件:ビジネスセクション向け長期インターンシップの実施検討をされているすべての会社の人事担当者および経営者
主な内容:ウォンテッドリーの長期インターンシップについての説明
     学生インターンが活躍している各部門の働き方の説明
     ワークショップ
お問い合わせ:pr@wantedly.com

※ 申し込み者多数の場合は抽選とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
※ 参加者の都合に合わせて日程が変更になる場合がございます。
※ 抽選の結果、および詳細の日程などは 1 月中に改めてこ?連絡させていただきます。

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ