チャットで気軽に転職相談!「ピコジョブ」がつくる新しい転職のカタチ – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

チャットで気軽に転職相談!「ピコジョブ」がつくる新しい転職のカタチ

IT業界をはじめ、ゲーム業界、バックオフィス、営業など、総合転職エージェントとして活躍中の株式会社ワークポートが、転職にまつわる新しいアプリ『ピコジョブ』をリリースした。チャットで気軽に転職相談ができる新しい試みについて、企画担当者である明島寛之氏に、アプリ開発の背景やアプリに込めた想いを尋ねた。

picojob_ogp

株式会社ワークポート
事業企画ユニット シニアリーダー
明島 寛之氏

あけしま・ひろゆき/大学卒業後、株式会社ワークポートに新卒入社。ゲーム業界専門の転職コンシェルジュとして従事後、システムユニットに配属。社内SEとして基幹業務システムの開発、求職者向けWebアプリの開発に携わる。その後は事業企画ユニットにてチャット型転職相談アプリ『ピコジョブ』のサービス立上げのほか、業務データの分析・活用、社内PJの推進等を担当。

情報登録なしですぐ使える、転職コンシェルジュが丁寧に対応してくれるアプリ、それが『ピコジョブ』だ

――――本日はよろしくお願いします!早速ですが、ピコジョブというアプリについて簡単に教えてください。

チャットを通じて、プロの「転職コンシェルジュ(※)」に転職相談ができるアプリです。利用開始までのフローから登録情報の入力・面倒な入力作業を極力省きました。そのため、ユーザーはアプリをインストールして1分後に相談を開始できます。

※転職コンシェルジュとは

ワークポートでは、転職を支援するコンサルタントを“転職コンシェルジュ”と呼称している。ただの“コンサルタント”ではなく、「転職活動にまつわる様々な要望にお応えする」という“コンシェルジュ”としてのマインドでよりきめ細やかなサービスを提供させていただきたい、という想いが込められている。

――――1分は早いですね!実際にはどんな相談が多いのでしょうか?

一番多いのは「求人を紹介してほしい!」という相談ですね。続いて「転職を迷ってるんですけど、どうすべきでしょうか?」というような内容や、「自分の市場価値が知りたい」という相談が多いです。他には仕事の不満や悩み相談が多いですね。

ピコジョブはすべて実際の転職コンシェルジュが手作業でチャット対応しているので、どんなご相談でも個々にご回答させていただいています。また、チャットでは自社取扱以外の求人も紹介しているので、企業の採用サイトを見ながらその方に合う求人をご提示しています。

――――ピコジョブってアプリ名にはどんな由来があるんですか?

うーん……由来はないです!笑 ただ念頭に置いたのは、ハードルの低さです。お手軽な感じ、ミニマムでポップな感じと、アプリ的なイメージを組み合わせた結果、「ピコ」が語感も可愛くて良いかな、となりました。

他にも候補はありましたが、20~30代前半の自社社員にアンケートをしたところ『ピコジョブ』のウケが一番良かったんです。ちなみにピコ太郎さんとはなにも関係ありません。笑

――――キャラクターのぴころうも可愛いですね。

ありがとうございます。ピコジョブでは、ワークポート公式キャラクターの「大崎みなと」と、アプリのマスコットキャラクターとして「ぴころう」が登場します。

マスコットキャラクターのデザインにあたっては、20個以上の候補のなかから社内の若手に投票してもらいました。投票の結果とサービスのイメージをふまえ、白フクロウをモチーフにしたキャラクターにしました。「ぴころう」のLINEスタンプもリリースしているので、是非使ってみてください。

ぴころう

※『ピコジョブ』マスコットキャラクターの『ぴころう』はLINE STOREで販売中である。

本業で人材紹介を行うワークポートの強みを発揮する

――――企画にはどんな背景があったのですか?

弊社社員がチャット形式のレストラン紹介アプリを使ってみて、こういったかたちでの転職相談は需要があるんじゃないかと考えたことがきっかけです。

そこから企画が立ち上がり、どんなアプリにしていくかを考えました。求人検索機能をつけるとか、履歴書がアップロードできるとか色々とアイデアは出たのですが、結局一番シンプルな形になりました。「なにか転職や仕事のことで悩んだとき、その場でプロに相談できる」というところが求められているんじゃないかと。

あと、「いちいち求人検索しなくてもプロに聞けばおすすめ求人が出てくる!」というほうが、かえってターゲットには響くのかな、とも考えています。「どんな条件で検索したら良いかわからない」「求人検索するのも面倒くさい」方って、結構いらっしゃいます。

――――ワークポートが行うことの意味、強みはどこにありますか?

まず第一に、求人数です。先ほど自社取扱以外の求人もご提案すると言いましたが、そもそもワークポートでも公開・非公開併せて26,000件ほどの求人をお取り扱いしていますので、多様なニーズにお応えすることができます。

2つ目がやはり、転職コンシェルジュですね。ワークポートは全領域型の人材紹介会社ですので、様々な業界、業種、職種に強みを持った転職コンシェルジュが在籍しています。求人と併せて、どの業界の方が来てもお応えすることができるのが強みですね。本業で人材紹介をちゃんとやっている、というバックグラウンドを生かしてのチャット相談だと思っていただければ嬉しいです。

画面キャプチャ

――――どんな人にピコジョブはおすすめですか?

一番使っていただきたいのは、「転職しようか迷っている方」ですね。今の仕事に不満があったり、人間関係がうまくいっていなかったりするけど、わざわざ転職エージェントを使うというレベルではない。そういった方に今後のキャリアプランの相談だったり、今のあなたならこういった求人がありますよ、といった情報をお伝えしていきたいと思っています。

次に、忙しくて人材紹介会社に行けない、本腰をいれて転職活動ができない、という方です。チャットアプリなので、自分のペースでレスが返せますし、求人もこちらがお探ししますので、もろもろ情報収集して、よし転職活動しよう!という段階への前ステップとして使ってほしいです。

あとは先ほどもありましたが、仕事の不満や悩みを誰かに打ち明けたい方でしょうか。笑 転職についてはもちろん、キャリアについて幅広くご相談させていただきたいと思っていますので、仕事の愚痴でも大歓迎です。笑

転職にかかる大きな負担を軽くしていきたい

akeshima_05

――――今後の展望を教えてください。

ピコジョブはリリースしたばかりのサービスですので、まずはいろいろな方にアプリを知っていただくことですね。加えて、ご利用された方に満足いただけるよう、アプリのUI/UXなどサービスの質をもっともっとあげていきたいです。結果的に「ピコジョブのワークポート」として業界や転職者の方に認知していただけるようなサービスにしていきたいですね!

転職について考えることは、とても大きなエネルギーのいることです。今の自分にできること、やりたいこと、さらには自分の人生についても思いを巡らせなければなりません。家族がいる方は、家族の生活についても考えることになります。

求人を探すにあたっても、仕事内容、福利厚生、年収、勤務地と、考慮しなければいけない要素がたくさんありますよね。他にも、転職にまつわる大変なことを挙げればキリがありません。

そんな負担を軽くするお手伝いこそ、ピコジョブを通じて実現していきたいことです。結果として本格的に転職活動をはじめるのであっても、今の会社に残るのであっても、ピコジョブというサービスを通じて、ユーザーの方が今後のキャリアを考えるきっかけや、判断材料を提供していけたらと思っています。

どんな些細なことでも大歓迎ですので、ぜひご利用ください!

――――本日はありがとうございました!

編集後記

ピコジョブ、早速使ってみました。登録もなく、個人情報を入れずに使えるのが良いです。興味がない分野からスカウトが来る煩わしさがないのも魅力です。転職コンシェルジュの方は全く転職に関係ない相談にも丁寧に対応してくれました。仕事に何か不満がある方は相談してみると良いかもしれません。

◆チャットで手軽に転職相談『ピコジョブ』概要はコチラ

バナー

(HRog編集部)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ