経営者も働き方改革が必要!?【エグゼクティブの働き方改革、その<理想>と<現実>に関する意識調査 】 – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

経営者も働き方改革が必要!?【エグゼクティブの働き方改革、その<理想>と<現実>に関する意識調査 】

経営者JP

経営者JP総研 エグゼクティブ・ウォッチ vol.5 エグゼクティブの働き方改革、その<理想>と<現実>に関する意識調査

◆経営者も働き方改革が必要!?
 1日、11時間以上働いている経営者が4人に1人。多い?少ない?

◆長期休暇取得の理想と現実、経営者は長期休暇をとれない!?
 50.0%が理想の長期休暇期間は「11日以上」と回答するも、昨年の実績で最も多かったのは「3日間」。

エグゼクティブ向けの転職・キャリア支援サービスを展開する株式会社 経営者JP(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長・CEO 井上和幸)は、管理職以上のエグゼクティブに対して「働き方改革、その<理想>と<現実>」 の実態を調査いたしました。

当社とお付き合いのあるエグゼクティブの男女約 10,000 名(有効回答数 309 名)を対象に、「働き方」や「休み方」など、その理想と現実についてリアルな声を伺いました。

主な調査結果

経営者も働き方改革が必要!? 1日、11時間以上働いている経営者が4人に1人。

経営者の34.2%が理想の勤務時間は「8時間」と回答、続いて多かったのは19.7% で「6時間」という結果でした。ただ、現実は25.0%が「11時間以上」と回答。組織内の働き方改革を遂行するとともに、経営者の皆様ご自身も改革を行う必要がありそうです。

経営者は長期休暇が取れない!?

経営者の50.0%が理想の長期休暇期間は「11日以上」と回答するも、理想通り取得できたのは1/3以下のわずか14.5%でした。昨年の実績で最も多かったのは「3日間」と、長期休暇を取れる仕組みづくりにも課題が見える結果となりました。

常にグローバルな目線を持つことが重要、経営者の長期休暇は海外視察と海外旅行

長期休暇の過ごし方について伺ったところ、「海外旅行」と回答した経営者が43.4%、「海外視察」との回答が13.2%とほかのレイヤーの方々に比べて高い数値になりました。グローバル進出する企業が増える中で、経営者は特に海外に目を向けている方が多い結果となりました。

部長クラスの働き方、理想と現実とは!?

働き方の理想と現実が最も離れていたのは部長クラス。理想は週4・8時間だが、現実は週5・10時間勤務。近年プレイングマネジャーも増える中で、中間管理職という立場上理想の働き方をできている方は少数という結果になりました。

※詳細のデータは添付のプレスリリース文書および下記URLをご覧ください。
 https://www.keieisha.jp/report/180309

調査概要

・実施期間:2018年1月29日~2018年2月14日
・調査対象:エグゼクティブの男性・女性(課長職以上・個人事業主含む)
・調査機関:経営者JPメルマガ会員:約10,000名(有効回答数309名)
・調査手法:インターネット調査
※データ利用の際は「経営者JP総研事務局中村・藤田」までご連絡いただければ幸いです。本調査の著作権は「株式会社経営者JP」に帰属します。

本件に関する問い合わせ先

株式会社経営者JP 広報担当 中村・藤田  
http://www.keieisha.jp/
E-mail: info@keieisha.jp

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ