国内初!認知行動療法を活用した、若手社員の「心」に注力した 新たな育成サービス「selport」をマインドアイル株式会社が開発中 – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

国内初!認知行動療法を活用した、若手社員の「心」に注力した 新たな育成サービス「selport」をマインドアイル株式会社が開発中

誰もが気軽に心のケアができるよう、心のケアプラットフォームを開発しているマインドアイル株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役:森田太基)は、若手社員の「心」に注目したコンディション調整サービス「selport」(セルポート)のサービス提供を2018年秋より開始します。

サービスの目的

新卒入社の3年以内に約30%が離職する「早期離職」の問題は、大きな問題となっています。「今、辞めてしまうのは勿体無い」と感じながら早期離職される社員の姿を見られたこともあるのではないでしょうか。
そこで、時代に合った育成支援をすることで早期離職の予防を目的としたサービス「selport」を開発しました。

サービスの特徴

「selport」は、臨床現場で効果に実証された、認知行動療法*1(以下、CBT)を活用したアプリをベースに、若手社員(入社1年から3年程度を想定)の「心」に注目しました。若手社員が自ら、心の状態を調整していくことを支援するサービスです。

(1) CBTを活用したアプリ
若手育成サービスとしては国内初、効果の実証されたCBTアプリを搭載しており、若手社員はスマートフォンから手軽に利用ができます。
昨今の若手社員はデジタルネイティブ世代。今や携帯さえあれば、簡単に知識や学習を深められる世の中。「selport」は、知識だけでは補えない環境への適応力や自己解決能力をアプリケーションで養えます。

(2) 短時間で従業員の状態を把握できるサービス設計
若手社員が必ず利用するのは、気分の入力とジャーナル(日誌)入力の2つのみであり、1日5分ほどで終わります。
管理者側は若手社員が入力したデータから、目に見えない若手社員の心の状態を把握することができます。

(3)予防から対策まで情報を一元化
管理画面上では、早期対応が必要な社員をいち早く知ることができます。「1on1」記録や面談の対応記録も残せるため、リスク発見から問題解決までの情報を一元化できる仕様となっています。

サービスの目標

まずは、サービスの利用開始に向けて開発を進めて行きます。
若手社員の心に寄り添うことで、モチベーションの維持やストレスの低減を実現し、企業の早期離職率の低下やパフォーマンスの向上に貢献してまいります。

マインドアイル株式会社について

「誰もが自分の心と向き合い、メンタルヘルス・ケアをポジティブヘルスへ」をビジョンに掲げています。自然言語処理を用いた対話型AIと心理療法であるCBT(認知行動療法)を活用し、心のケアプラットフォームとして生活のあらゆる場面で「心」と向き合えるサービスを開発している創立1年目のスタートアップです。

お問い合わせ先

【会社名】マインドアイル株式会社
【連絡先】info@mind-isle.com
【関連サイト】https://mind-isle.com (会社サイト)
https://selport.mind-isle.com (サービスサイト)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ