【人材業界営業マン必見!】「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」の違いは? – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

【人材業界営業マン必見!】「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」の違いは?

営業マンには、交渉術、プレゼンスキル、調整力など複数のスキルが必要です。営業マンの使命は、自社サービスを広め、売上に貢献すること。いかに売上を立てられる仕組みを作れるかがポイントになります。

                                                            

マーケティングとは、「顧客のニーズを理解して営業戦略をたてること」。営業活動をより効率的に行うために、営業マンにマーケティングの知識は必要不可欠です。

そのため営業担当者は、マーケティングを理解することで、自社の営業活動にいかすことができるでしょう。

営業活動に直結するマーケティング手法に、「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」と呼ばれるものがあります。当記事では、アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングの違いについて説明します。

アウトバウンドマーケティングとは?

アウトバウンドマーケティングのアウトバウンドとは「外に向けた」という意味です。プッシュ型と呼ばれることもあります。

人材業界の営業マンの営業手法は、ほとんどがアウトバウンドマーケティングに該当するでしょう。

例えば、テレアポ、飛び込み、FAX、ダイレクトメッセージ(DM)、問い合わせフォームへのアタックなど。他、広告や、展示会もアウトバウンドマーケティングに含まれます。

潜在的な需要のある顧客に対して、積極的にサービスの紹介や広告などで露出を増やす手段をとります。

アウトバウンドマーケティングは、インターネットが普及する前から取り入れられていたマーケティング手法です。今は、比較的古い営業手法として考えられています。

しかし、人材業界では今でも変わらず重要な営業手法の一つであることは間違いありません。

アウトバウンドマーケティングのメリットとデメリット

アウトバウンマーケティングのメリットは、

・即効性がある
ダイレクトにクライアントへアピールするため即効性がある

・不特定多数へ同時にアピールが可能
広告などを用いることで不特定多数の人へ同時に営業活動が可能

アウトバウンドマーケティングのデメリットは、

・費用対効果が悪い
コストをかけた分だけ成果が出る仕組み、コストと成果が比例している

・持続性がない
広告など最初はインパクトがあったとしても、時間がたつと飽きられ持続性がない

などがあります。

インバウンドマーケティングとは?

インバウンドマーケティングとは、「内に向けた」と言う意味です。プル型とも呼ばれることもあります。

プッシュ型のアウトバウンドマーケティングとは異なり、クライアントから自社を見つけてもらうことを目的としたマーケティングの手法です。

インバウンドマーケティングの手法で多く取り入れられているのが、オウンドメディアです。

オウンドメディアとは、自社で保有するメディア全般のこと。例えば、WEBサイト、ECサイト、SNSなど。自社サービスのコンテンツを広めることが目的となります。

例えば、以下のようなWEBサイトもオウンドメディアと呼ばれます。

HR業界、採用に関するニュースメディア『HRog(フロッグ)』

人事部から企業成長を応援するメディア『HR NOTE』

WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア『CAREER HACK』

それぞれ、ターゲットにリーチするために情報を発信しています。

インバウンドマーケティングのメリットとデメリット

インバウンドマーケティングのメリットは、

・低コストから始められる
自社のコンテンツ増やし見つけてもらう対策を取るため、社内に既にあるリソースから始めることが可能

・継続性が見込める
一度作ったコンテンツは、長期的に利用が可能。需要のあるコンテンツは継続性が見込める

インバウンドマーケティングのデメリットは、

・成果が出るまでに時間が必要
自社のコンテンツを見つけてもらえるようになるまで、SEO対策など一定の時間が必要

などがあります。

まとめ

当記事では「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」について説明しました。両方の手法のメリットとデメリットを理解することが重要です。バランスよく組み合わせることで、より効率的に営業活動を行うことができるでしょう。

営業活動をするにあたり、どの層の顧客を取りにいくのか考える必要があります。顧客によって最適なマーケティング手法を探しましょう!

需要がある顧客を知るために役立つのがHRogリスト

(八尋ハンナ)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ