求人広告営業マンの必須スキル!調整力とは何か? – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

求人広告営業マンの必須スキル!調整力とは何か?

求人広告営業マンにはさまざまなスキルが必要です。その中でも大切なスキルの一つが調整力です。

求人広告営業マンは社外・社内ともに関わる人が多い職種。一つタイミングがズレてしまうと他の仕事にも影響を及ぼしてしまいます。

「仕事が思うように進まない…。」
「クライアントからの無茶振りが来た…。」
「期待に応えられていない…。」

など、悩まれている場合は一度「調整力」について考えてみると良いでしょう。この記事では、求人広告営業マンの必須スキルである「調整力」について詳しくご紹介します。

求人広告営業マンに必要な調整力とは

調整力とは、仕事をスムーズに進めるためのスキルです。求人広告営業マンの仕事には納期があることが多いです。一方、全ての仕事が自分一人で完結することはほとんどなく、社内の社員や社外のパートナーと一緒に仕事をすることが多い職種でもあります。

複数の人たちと一緒に仕事をする中で、納期までに成果物を完成させることが営業マンの役割の一つになります。そのため、調整力が必要になります。

反対に調整力がなかった場合、スケジュール通りに仕事を行うことができなくなってしまい、多方面に迷惑をかけたりしてしまうこともあります。

求人広告営業マンが調整力を使う場面は?

求人広告営業マンが調整力を使う場面をご紹介します。

社内の仕事がスムーズに回るよう調整

求人広告営業マンは、社内の仕事がスムーズに回るように調整する必要があります。

例えば、営業アシスタントの方に請求書の発行を依頼したとします。その際「請求書を発行して」という一言だけではなく、請求書の発行に必要であろう情報を事前に伝えておくことで、アシスタントの手間を最小限に抑え、スムーズに仕事をすることができます。伝える情報としては、以下のようなものがあります。

  • 請求書の発行タイミング(求人広告の納品前か? それとも後か?)
  • 請求書発行に必要な情報
  • 請求書発行時の注意事項 など

当たり前にやっているという方も多いかもしれませんが、中には「事前に記入情報を伝えておけばよかった…。」という経験がある方もいるでしょう。細かいことですが、これも社内調整の一つです。

そしてこのような調整をするためには、「物事の先を読む」力が大切です。仕事を依頼する相手にどう伝えれば、一番仕事をスムーズに進められるかを考える必要があります。

自分が楽することだけを考えて仕事を依頼していると、他の誰かに負担がかかっている場合が多いです。それを繰り返していたら周りは協力してくれなくなります。

反対に社内調整が上手だと、周りも自然と信頼してくれるようになり、仕事に協力的になってくれます。

クライアントの期待値の調整

クライアントの期待値の調整も、営業マンが行うべき調整の一つです。

営業マンは、成約を焦るあまりにサービス内容を良く伝えすぎてしまう場合があります。もちろんサービスのネガティブ情報ばかり伝えていたら成約はできません。サービスの良い点を伝えながら、お客様の求めるゴールを共通認識として持つことが大切です。

例えば「掲載したらぜったいに応募がくるはず」など、クライアントが高すぎる期待を持っている場合があります。その時に期待値の調整が行われていないと、クライアントが想像していた結果を手にすることができずにクレームになったり、信用を失ったりする可能性があります。

そのようなことを未然に防ぐために、クライアントと同エリア・同職種で募集を出している求人を参考事例として挙げ、平均的な応募数や掲載週数などを事前に伝えることで、期待値の調整を行いましょう。

言いにくいネガティブな話も真摯に伝えることで、結果お客様の満足度と信頼を得ることができます。

求人広告営業マンは会社とクライアントの橋渡し役

求人広告営業マンは、会社とクライアントの橋渡し役です。クライアントに一番近い営業マンがお客様の求めるサービスや商品を知っています。お客様の望むサービスを届けられるよう会社と調整することが必要です。

逆に、会社がお客様に一番伝えたいことを、伝えられるのも営業マンです。どのような思いでサービスがつくられたのか、どんなビジョンを持っている会社なのか伝えることも求人営業マンの大切な仕事です。

求人広告営業マンの仕事は、お客様の方だけを向いていれば良いというわけではありません。クライアントに満足してもらうために、クライアントと会社の中立の立場である必要があります。

まとめ

この記事では、求人広告営業マンの必須スキルである「調整力」についてご紹介しました。調整力を身につけると仕事がスムーズに進むだけでなく、クライアントや社内の同僚たちとの人間関係もうまくいくようになるでしょう。

調整力は、専門知識や難しいスキルは必要ありません。少し先を見て、自分と関わる人が仕事を進めやすいように意識することが大切です。

(八尋ハンナ)

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ