人財不足解消の一助、外国人採用のための口頭ビジネス日本語試験「ONiT」をリリース – HRog | HR業界、採用に関するニュースメディア

人財不足解消の一助、外国人採用のための口頭ビジネス日本語試験「ONiT」をリリース

日本語教育・各種研修を通して企業力アップ・人財のキャリアアップをサポートする有限会社アイシーアイ(東京都千代田区/https://icijapan.com/)は、外国人留学生や外国籍社員を対象とした、コンピュータを用いたビジネス場面における日本語を「話す」能力を測定する口頭能力試験『ONiT(Oral Nihongo Test)』をリリースしました。

URL: http://www.oralnihongotest.org/

ONiTを通して、これまで困難だった外国人の日本語を「話す」力の把握を一層容易にし、配属時のミスマッチ防止や各自の弱点把握、ニーズに合わせた研修の実施など、人財戦略の強化を図っていくことが可能になります。

活用のメリット

①外国人採用のための評価ツール
・面談で把握しきれない日本語能力の判断基準に
・採用活動の効率化に

②人事考課・能力開発ツール
・プロパー人財の見極めに
・苦手分野にフォーカスした無駄のない研修のために

③日本語運用能力把握ツール
・得手/不得手の把握に
・社内コミュニケーショントラブル回避のために

背景

外国人採用時の誤評価による貴重な人財損失
各種統計が示しているように、日本では少子高齢化の進行による労働人口の減少、さらにはグローバル化が同時進行しています。こうした社会の流れを背景に、日本語力と高度なスキルを身につけた外国人人財は我が国にとって貴重な存在となっており、多くの企業において外国人採用が増加傾向にあります。

しかし、同時に課題も浮かび上がってきています。特に、外国人社員が入社後に「コミュニケーション能力不足」などと評価されてしまうことも多く、結果、外国人従業員に割り振られる仕事の範囲が限定され、せっかくの能力を最大に発揮することなく職場を去ってしまうケースも見受けられます。

高度なコミュニケーション能力が必要とされる日本の職場
グローバル化の遅れ、また日本の企業文化の特異性があるがゆえ、現在の日本の職場では、日本語そのものだけでなく、社会文化的に極めて高度なコミュニケーション能力が求められています。

しかし、採用時の日本語能力基準として照会される資格は、主に面接や筆記試験(大半は4択)の結果であることから、能力判断のミスマッチが生じていると言えます。また、「コミュニケーション不足」という恣意的な判断も否めず、より客観的な基準が必要されています。

的確な評価と適切な研修のための“見える化”
日本語コミュニケーション能力は本来、多岐にわたるものです。これを細分化し、定量化することで、外国人留学生や外国籍社員に対して的確な評価と適切な研修へと繋げることができます。そして、多大なコストをかけて獲得した貴重な人財を失うことなく、高い能力を発揮してもらえる陣容を整えることが可能となります。

この点に着目し、日本有数のスピーキングテストの専門家と協力関係を築き、日本のビジネス場面に特化したスピーキングテスト「ONiT」を開発しました。

特徴

・ビジネス場面別にスピーキング能力を評価することで、受験者それぞれの能力の得手不得手を客観的に“見える化”を実現
・日本においてビジネスを円滑に進めていく上で、極めて重要となるビジネス文化的な要素をも評価に組み込んでいる

ONiTは、外国人受験者のスピーキング能力を的確に評価し、人財不足に苦しむ日本企業と、日本でのキャリアを目指す外国人との橋渡しとして、日本産業、ひいては日本社会のさらなる発展の一助となることを目指したサービスです。

お問い合わせ

有限会社アイシーアイ
TEL:03-3288-0039
E-mail:info@icijapan.com

今週の求人指標


正社員

アルバイト

有効求人数

有効求職者数

ページトップへ