労働時間、規制緩和なら…アイデア型企業に追い風

96958A9E889DE5EAE7EAE0E7E3E2E3EAE3E2E0E2E3E6869198E2E2E2-DSXBZO7860534019102014000001-PN1-5
働く時間の長さでなく成果で賃金を払う「ホワイトカラー・エグゼンプション」導入をはじめとする労働時間の規制緩和をテーマに、厚生労働省が労働基準法の改正審議を進めている。だが、同省の調査によると労働時間規制改革を望む企業は少数派にとどまっている。規制緩和を使いこなせる企業とそうでない企業で差が開きそうだ。

サイボウズでは多くの社員がグループウエアを使って連絡を取り合いながら裁量労働制で働いている。
画像の拡大
サイボウズでは多くの社員がグループウエアを使って連絡を取り合いながら裁量労働制で働いている。
 「今日はウルトラワークします」。ソフトウエア開発のサイボウズの社員は、主力商品でもあるグループウエアを通じて伝わるそんな連絡に慣れている。ウルトラワークとは、社員が働く場所や時間を一時的に選択できる社内制度のこと。地域活動や子育てのためなど幅広い目的で申請することが認められている。