上場リクルート、海外M&A加速の副作用

ph
リクルートホールディングスが株式を上場した。初値は3170円と、上場する際の公募・売り出し価格(公開価格=3100円)を上回り、株式相場全体が不安定な中でリクルート株の堅調ぶりが目を引く。上場をテコに海外でM&A(合併・買収)を進める見通しだが、早くも財務諸表からは積極戦略の危うさがうかがえる。