「正社員増」が過去最高 県調査、業種や地域で格差も

koyougurahu141027

県が従業員10人以上の千事業所を対象に実施した2014年度「企業・事業所行動調査」(速報)で、回答した677事業所のうち、353事業所(52・1%)が「正社員の採用増や非正社員から正社員への転換を増やした」と答えた。前回調査(12年度)から12・9ポイント増加し、同項目の調査を開始した08年度以降、最高となった。

 景気回復や東日本大震災の復興事業に伴い業務量が増える中、待遇を向上させて人材確保を図る事業所が増えた形だが、介護、運輸など特定の業種や沿岸被災地では深刻な人手不足が続いており、業種や地域の間では格差が広がっている。