儲かる漁業へ! 大学と現場が共に考える

img_7c4fa926346e6c62802fe0db4a1c8a17103257
地元水産業の衰退を目の当たりにして、「象牙の塔」を飛び出した長崎大学水産学部。生物学、経済学、環境などを融合させた「海洋サイバネティクス」という学問的アプローチと、現場のアイデアによって「儲かる漁業」への転換を図る。