労働者派遣法が審議入り

fb_futa_600px

派遣労働の期間制限を一部撤廃する労働者派遣法の改正案が衆議院本会議で審議入りし、安倍総理大臣は、改正案は、派遣会社に対し派遣労働者への教育訓練を義務づけるなど、派遣労働者の雇用の安定や保護を図るものだとして意義を強調しました。

労働者派遣法の改正案は28日の衆議院本会議で趣旨説明と質疑が行われ、審議入りしました。
この中で、自民党の松本