派遣の「いま」を実態調査 20代と40代では、働く理由と教育内容に違いがあった

main

最近の派遣社員の年齢傾向を見ると、若い世代より、子育てが一段落した主婦世代が増加しています。厚生労働省が発表した「派遣労働者実態調査」によれば、平成16年当時の派遣社員の年齢構成は「20代が35.5%、40代が14.3%」となっていました。しかし、平成24年までの間に「20代が20.2%、40代が26.2%」にまで変化しており、明らかに割合が逆転しているのです。このように40代が増加しているのは、「もともとバリバリ仕事しており、結婚・出産を経た後に社会復帰した」という女性が増えているからでは?