クローズアップ2014:宇宙基本計画素案 道筋見えぬ産業重視

20141109dd0phj000012000p_size5
内閣府の宇宙政策委員会が策定し、8日明らかになった新たな宇宙基本計画の素案は、工程を詰めたうえで年末にも正式決定される。「政権の新たな安全保障政策を反映させるとともに、宇宙産業基盤を強化する」との安倍晋三首相の9月の指示で始まった計画見直し。産業界の要請を受け「10年間で官民合わせた事業規模5兆円」を目指すことで、停滞が指摘されていた宇宙産業の強化への期待がかかる