労働革命の担い手、盛り上がる”クラウドソーシング業界”

14-11-11

今、クラウドソーシングビジネスが盛り上がりを見せている。高齢化社会や雇用形態の変化に伴い、シニア層や主婦層の労働力活用に着目した新しいビジネスモデルだ。
 クラウドソーシングは、インターネット上の不特定多数の人々に仕事を発注することで、自社で不足する経営資源を補うことができる人材調達の仕組みである。2011年の東日本大震災以降、在宅ワークやテレワークへの需要が高まったことで注目が集まるようになり、新規参入のクラウドソーシング事業者が増加し、急激な成長を遂げている。