労働者派遣法改正案などが廃案に

logo (3)

臨時国会では安倍内閣が提出した法案のうち、「地方創生」の関連法など21件が成立した一方、派遣労働の期間制限を一部撤廃する労働者派遣法の改正案などが衆議院の解散を受けて廃案になりました。

9月29日に召集された第187臨時国会に安倍内閣は合わせて31件の法案を提出し、このうち、安倍内閣の重要課題の1つである「地方創生」の基本理念を盛り込んだ「まち・ひと・しごと創生法」や、ことし8月の広島の土砂災害を受けて危険性が高い地域を住民に速やかに伝えることなど