インターンシップで早期に学生囲い込み-新卒採用最新事情

_1416877631_240_P16
2016年新卒から採用スケジュールが後ろ倒しとなり、採用選考活動期間が短期化される。景気回復を受けて新卒採用の改善が顕著となる中、早期に学生を囲い込みたい企業ではインターンシップが実質的な採用活動の開始となっている。(文・溝上憲文編集委員)

 近年、新卒の採用活動の多様化が進んでいる。その背景には、就活サイトによる大量の母集団形成と短時間面接によるスクリーニングという従来のやり方では学生の獲得に加えて、マッチングも難しくなってきている事情がある。ワンクリックで数十社まとめてエントリーできる「一括エントリー」システムも登場している。