労働基準法の改正で、長時間労働の体制が変わるか?

日本の長時間労働の実態は海外に比べると、その深刻さが浮き彫りになっています。サービス残業や時間外労働の長時間化、有給はあっても満足に消化できる環境にないなど、長時間労働を美徳とする考え方は今も根強く残っている状況です。厚生労働省は、こうした自体を打開すべく、労働基準法の改正に向けて乗り出しています。