企業が「昼寝制度」を有効活用するポイント

この記事を読むのに必要な時間の目安:約 1 分昨年3月31日、厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針の改定に関する検討会報告書」において、「仕事や生活上の都合で、夜間に必要な睡眠時間を確保できなかった場合、午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的」と昼寝を推奨しました。