介護の外国人材受け入れに長期展望を

外国人が働きながら日本の技能を学ぶ技能実習制度に「介護」を追加するための具体案が、政府の検討会でまとまった。2016年度に第1陣が来日する見通しだ。介護の現場で、外国人が日本人とともに働くことが当たり前の時代が近づく。どこまで、どう外国人を受け入れていくのか。他の受け入れ制度の拡充も含め、より広範で、長期的な視野に立った議論を進める必要がある。実習生を受け入れるのは特別養護老人ホームなどの介護施設で、介護福祉士が指導にあたる。高齢者とじかに接する対人サービスであることから、入国時や実習2年目に移る際には、一定の日本語能力を持つとの要件も設ける。技能実習制度は海外の労働力を安く使うための隠れみの