労働者派遣法修正「本質的でない」…岡田氏

民主党の岡田代表は31日、自民、公明両党が労働者派遣法改正案の修正で合意したことについて、「本質的な修正だとは思わない」と述べ、引き続き廃案を目指す考えを示した。岩手県陸前高田市で記者団に語った。同法案は昨年の臨時国会で廃案となった。自公両党は、改正後に派遣社員が急増した場合には、同法の見直し検討を付則に盛り込むなどの修正を政府に求めることで合意している。