ベネッセが大学生、社会人の人材育成会社を設立 インテリジェンスと共同で

ベネッセホールディングス(HD)は3日、人材サービス大手インテリジェンス(東京都千代田区)と、大学生、社会人を対象に人材育成事業を行う合弁会社を4月1日付で設立すると発表した。社名は「ベネッセi-キャリア」で、資本金1億円、出資比率はベネッセHD51%、インテリジェンス49%。本社は東京都新宿区に置く。企業関係者が参加して大学内で行う学生対象の就業体験や、グローバル社会を見据えた能力開発、内定者や新卒者、社会人向けのビジネススキルの研修などを手がける。ベネッセHDは「就職後に企業などで求められる能力と大学教育のミスマッチ解消に役立ちたい」としている。