介護職員30万人不足の未来を変えられるか?

厚生労働省は、高齢化がピークを迎える2025年度時点で、介護に携わる職員の数が30万人程度不足する見通しであると公表しました。介護の人材不足は今に始まったことではなく、さまざまな施策が実施されていますが、なぜ将来的に不足するといった統計が出るのでしょうか。今回、厚生労働省が行う対策をもとに考えてみます。全産業別で見ても、介護職の給与水準は低いとされています。介護職の給与は、国が定める介護報酬によって大きく変化し、特に施設については入所者数が限られているため、介護報酬の減額は介護職員の給与に大きく跳ね返ります。現在、時限的に介護職員処遇改善加算が設定されていますが、今後の介護報酬改定に伴い減額や