春闘の労使交渉開始 トヨタ労組など要求書を提出

 自動車メーカーの各労働組合は18日、平成27年春闘の要求書を経営側に提出し、1カ月にわたる労使交渉がスタートした。トヨタ自動車など大手の労組はベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分として月額6000円の要求で足並みをそろえた。好調な業績を背景に、昨年の妥結額からの上積みを目指す。

 この日午前、トヨタや富士重工業などの労組が経営側に要求書を提出した。他の大手各社の労組も同日中に提出する。

 各社とも自動車総連など上部団体の方針を踏まえ、月6000円の賃金改善を要求。昨年と異なり、同一水準の要求でそろえることで、経営側にベア実施を強く働きかける。

 自動車業界は、消費税増税後の個人消費の低迷で国内販売は苦戦しているものの、円安効果や北米など海外販売の増加で業績好調な企業が目立つ