「若手もバリバリ活躍できる会社」という欺瞞

 前回は、日本企業と欧米の雇用形態の違いを説明しました。「日本企業も欧米企業も一長一短」という、ある意味、当たり前の結論だったのですが、このような「一長一短」は、日本企業の間でも当然、ありえます。就職ナビサイトに掲載される募集広告では、「若くてもバリバリ働ける」というたぐいのコピーをよく見かけます。「下積みの時間が長いより、早く一線で活躍できたほうがいい」と、心引かれてしまう人もいるかもしれませんが、こうした広告を額面どおりに受け取ってはいけません。すべてがウソとまでは言えませんが、多くの場合、かなり脚色されていて、実際に広告に出てくるような人は、その企業の中でもホンの少数のレアケースであるこ