新卒一括採用という日本の病

2016年春卒業予定者の就活(就職活動)の会社説明会が、来月、3月から本格化する。経団連(日本経済団体連合会)が採用選考の新ルール適用で、前年の12月1日に解禁されていた会社説明会が、今年は3月1日付になったからだ。ちなみに4月1日だった選考開始は、新ルールでは8月1日となる。

 解禁日を遅らせることで学業に専念できる期間を増やす、というのが経団連の狙いらしい。しかし結果は、じゅうぶん予想できていたことだが、混乱を招いているだけのようだ。いつもながらの「お題目先行で現実無視の施策」、でしかない。

 経団連といえば、いわゆる大手企業の集まりであり、就活ルールを繰り下げたところで、どうせ学生の大企業指向は変わらないのだから採用には困らない、という思惑があるのだろうか。実際、学生の大企業指向に変化はなく、新ルール適用でも大企業同士の争奪戦という状況に変わりはないはずだ。

 ただし、経団連に加盟していない企業のなかには、これをチャンスと受けとっているところも少なくないはずだ。大企業が採用活動にはいる前に学生を獲得しておこう、というわけだ。実際、さまざまなかたちで学生との接触をはかり、早くも内定をだしているところもあるという。

 とはいえ、それで安心できるはずもない。内定はもらった