企業の採用「脱ネット」…就活カフェにリクルーター復活、対面重視にシフト

キーワードは「脱ネット」-。就職活動で企業の採用手法に変化の兆しが出てきた。インターネットに頼った採用が「質」の低下も招いたとの見方から、対話を重視した採用活動が見直されており、カフェ形式で学生と出会いの場を設けたり、リクルーターに似た制度を導入した企業もある。今年の就活は前回より3カ月繰り下げの“短期決戦”。あえてアナログ回帰で優秀な人材を囲い込む戦略が功を奏するか注目だ。「じっくり話したい」「言いたいことは簡潔に書くように気を付けて」京都市上京区の「知るカフェ同志社大学前店」。2月中旬に訪れた際は、50席ほどの店内で協賛企業が就職の応募書類の書き方を指南する講座が開かれていた。ある人事担当