リクルート、”赤字予約サイト”買収の胸算用

ついに販促メディアでも海外展開に乗り出した。リクルートホールディングス(HD)は3月5日、クラウド型の飲食店予約サービスを提供する独クアンドゥーの買収を発表した。同社は2012年11月に設立されたベンチャーで、欧州を中心に13カ国で事業を展開。経営陣には米グルーポンの創業メンバーをはじめ、スタートアップ企業での事業経験を豊富に持つメンバーがそろう。一方で、まだ事業拡大のための費用が先行していることから、直近の2014年度は売上高6億円に対し、EBITDA(償却前営業利益)は13億円の赤字に沈んでいる。今回の買収金額は271億円で、足元の業績を考慮すると割高な印象は否めない。が、リクルートHDの