人材の多様性こそがビジネスの成功とイノベーションの鍵となる

これまでのテクノロジー業界は、多様性という意味では、決して先進的とは言えませんでした。米紙『USAToday』に掲載された記事によると、一流テクノロジー企業の従業員のうち、アフリカ系アメリカ人とヒスパニック系の人が占める割合は、わずか5%と、アメリカ全体の企業で調査した結果の14%より、かなり低い数字でした。このデータは各企業が発表したものですが、女性の雇用に関しても状況はあまり変わりません。Fenwick&Westによる最近の調査によると、シリコンバレーの企業で女性が取締役に占める割合はわずか10%です。委員会設置会社における委員長では8%、委員でも10%です。経営