平成26年度「高校・中学新卒者の求人・求職・内定状況」(厚生労働省)~高校生の就職内定率は92.8%と前年同期比2.1ポイント上昇し、平成5年3月卒業者以来22年ぶりの水準。平成27年1月末現在~

厚生労働省は、このほど、平成27年3月に高校や中学を卒業する生徒について、平成27年1月末現在の求人・求職・内定状況を取りまとめました。対象は、学校や公共職業安定所からの職業紹介を希望した生徒です。 【高校新卒者】(第1表)○就職内定率92.8%で、前年同期比2.1ポイントの増。○就職内定者数約16万1千人で、同6.0%の増。○求人数  約31万2千人で、同25.0%の増。○求職者数 約17万4千人で、同3.5%の増。○求人倍率 1.80倍で、同0.31ポイントの増。【中学新卒者】(第2表)○就職内定率36.8%で、前年同期比10.9ポイントの増。○就職内定者数350人で、同21.5%の増。○