支出と収入の差が縮まり貯蓄が難しくなる状態「金の手錠」に注意

収入よりも支出を低く抑えるというのは、財産を築くための最も基本的なルールです。しかし、多くの人々は、時々贅沢をしたり便利だからといって、本来使うべき金額より多く出費してしまうものです。一度このライフスタイルに馴染んでしまうと、それは簡単に習慣になっていまいます。かろうじて住む場所を確保できるような、本当にその日暮らしの生活をしている人々もたくさんいます。しかし意外に思うかもしれませんが、「自分は貧乏だ」と多くの人が感じるのは、欲しいものにたくさん出費している時なのです。これらの小さな贅沢が積み重なり、支出と収入の差が縮まり、お金を貯めることが難しくなります。しかし、貯蓄の面だけではなく、財力を