クラウドワークス、赤字続くも契約額は“倍増”–「クラウド人材バンク」目指す

クラウドソーシングサービス「クラウドワークス」を運営するクラウドワークスは5月15日、2015年9月期第2四半期(2014年10月~2015年3月)の決算を発表した。売上高は前年同期比307.8%増の3億6500万円、営業利益は2億8300万円の赤字、純利益は2億9500万円の赤字となった。この一方で、仕事の総契約額は前年同期比97%増の6億5600万円、仕事を受注するユーザー数は1年間で257%増の58万人に増加した。上場して認知が高まったことや、大規模なプロモーションを実施した効果があり、大幅なユーザー増加につながったという。また、発注するクライアント企業の数も1年間で200%増の約9万社