なぜ彼らは辞められない? 若者を使い潰す「ブラックバイト」の実態

社会『ブラックバイト』(大内裕和、今野晴貴/堀之内出版)「ブラック企業」とは労働法を無視したり、法を悪用するなどして、従業員に長時間労働などを強いる企業のことである。そして近年では、その仕組みがアルバイトにまで波及してきた。本来ならアルバイトが負う必要のない責任を押し付け、シフト外の労働を呼び出しなどで強要する──これがいわゆる「ブラックバイト」である。こういうとき、普通は「バイトがイヤなら辞めればいいのでは?」と思うことだろう。しかし実際には、そう簡単な問題ではないのである。『ブラックバイト』(大内裕和、今野晴貴/堀之内出版)では、そのあたりの事情が詳しく述べられている。まず本書で語られてい