建設業では人材不足が続く。「一級建築士事務所」登録しました。

ここ数年建設業界で人手不足のニュースをよく目にします。国土交通省の建設労働需給調査(労働モニター調査)によると、2013年頃から不足率上り、昨年前半にはほぼ全職種で人材不足が顕著になっています。その一方で2011年の東日本大震災の復興需要はひと段落しており、東北では労働者不足率は不足から過剰に変化しているようです。ちなみにこの建設労働需給調査は、1979年より調査開始しており、建設業法上の許可を得た法人(資本金200万円以上)の約2700社を対象としています。調査対象職種は、型わく工(土木)、型わく工(建築)、左官、とび工、鉄筋工(土木)、鉄筋工(建築)、電工及び配管工の8職種です。詳細は建設