労働者派遣法改正案 “きょうは採決せず”

後半国会の焦点の1つである労働者派遣法の改正案を巡り、衆議院厚生労働委員会は理事会を開き、自民党の渡辺委員長が、12日は採決を行わない考えを示しました。
一方、民主党などは、来週以降も審議を続けることに確約が得られていないとして審議に応じていません。
派遣労働の期間制限を一部撤廃する労働者派遣法の改正案を巡り、11日の衆議院厚生労働委員会の理事会で、与党側は12日に採決を行うことを提案しましたが、民主党などは応じない考えを示し、自民党の渡辺委員長は職権で、12日、安倍総理大臣の出席を求めて質疑を行うことを決めました。
こうしたなか開かれた12日の理事会で、民主党などは「採決ありきの姿勢であり、到底容認できない」と、与党側の委員会運営に反発しました。