2014年日本国内の採用活動に鈍化の兆候なし

sankeibiz.jp sankeibiz

マイケル・ペイジ・ジャパンさんの給与調査で、8割の企業が2014年の雇用は現在の水準よりも改善する、
あるいは現在の水準を維持すると見ていることがわかりました。
ただ、専門スキルを持った人材のニーズが高まるため、企業間での獲得競争が激しくなることも予想されているようです。