デフレ脱却のカギ「雇用のミスマッチ」は改善されるのか?

日本の雇用を見ると、90年代後半以降のデフレや不況に加え、働く場所や雇用形態のミスマッチで、失業率が高まってきた。
 ただ2013年の金融緩和開始以降、企業の規模や地域を問わず人員が不足し、ミスマッチも解消が見えつつある等、雇用環境は改善に向かっている。少子化で労働力人口が伸び悩む中、デフレ脱却と景気回復、ミスマッチ解消で就業者を増やしていけるかがカギとなる。