世界で最も人材を抱える雇い主は?

世界の人口は、70億人を超えさらに増加中。人口拡大の陰で先進国を中心に自動化・コンピューター化が進み、景気回復サイクルでも人材削減を決断する企業が後を絶ちません。JPモルガンは5570支店の一方、2016年までに5000人のリストラを実施すると発表。ギャップも向こう2〜3年で北米の約175店舗を閉鎖するとともに、ざっと250人の人員削減に踏み切る方針を明らかにしました。テクノロジーの発展、産業構造の変化、ニーズの多様化に伴い、求められる人材が異なるのは致し方ありません。旧来型サービス業が廃れていく一方、ITをはじめソーシャルメディア