就活に違和感…「アウトロー採用」 企業と本音トーク

みんなで黒いスーツを着て会話まで練習して臨む就職活動には、ついていけない。そんな既卒者を中心にした若者と企業を取り持つプログラムがある。「就活アウトロー採用」。普段着で時間をかけて向き合うスタイルは、画一的な採用からの脱却を目指す企業からも歓迎されている。5月21日、大阪市内にあるビルの貸し会議室。Tシャツや短パン姿の「なんとなく世界をブラブラしてきた」若者たちが集まった。「就活アウトロー採用」の参加者たちだ。グループに分かれ、持ち寄ったお菓子を並べた机を囲んだフリートークに、参加企業の担当者が加わる。「したくない生き方」について真剣に語り合ったり、「旅先でおいしかったもの」で盛り上がったり。