人材ビジネスと転職サイトが手を握り地方創生へ

農業就業人口はこの20年間で4割強減少し、65歳以上が64%を占めるなど、就農人口の減少および高齢化は、農業再興における深刻な課題となっている。また、これにともない、農地の減少や耕作放棄地の拡大も進行している。一方、これらの課題に対して、持続可能な農業実現に向けた様々な法改正や規制緩和などが進められており、青年新規就農者の拡大、農地の集約化、農業の大規模化、企業の農業参入、6次産業の促進などが図られている。また、農業生産法人は年々増加し、企業の農業参入や農地の担い手への集約化も進みつつあるが、新規雇用就農者数は横ばいで推移しており、特に青年新規雇用就農者の拡大と定着化が重要な課題となっている。