日本が直面する「労働力不足」・・・ロボットで解決へ!=中国メディア

中国メディアの広州日報は6日、日本がロボットの導入を通じて労働力不足を解決しようとしていると伝え、日本ではさまざまなロボットが開発されていることを伝えた。

 記事は、総務省の発表を引用し、日本の人口が4年連続で減少し、約1億2700万人となったことを紹介。さらに、65歳以上の人口が全体の4分の1を占めるなど高齢化も深刻だと指摘し、「日本では多くの企業が労働力不足に直面している」と論じた。