スタバが「マイノリティ雇用」を増やすワケ

経済的に恵まれていないミレニアル世代(1980年から2000年代初頭に生まれた世代)のために新たな雇用を創出するため、多くの大企業が手を組んでいる。その取り組みをリードしているのが、スターバックスだ。同社は、若いマイノリティのために雇用機会を創出することを目的とした米国巨大企業の新たな連携に参加した。このグループには、マイクロソフト、ヒルトン、J.C.ペニー、ウォルマート、JPモルガン・チェース、ウォルマート、タコベル、CVS、アラスカ航空、その他多数の企業が入っている。2018年までに少なくとも10万人の雇用を生み出そうというプログラムだ。しかし、スターバックス会長兼社長兼CEOのハワード・