就活のミスマッチをなくす「顔が見えるサービス」 ベネッセ×インテリジェンス「doda新卒エージェント」

教育サービスを提供するベネッセホールディングス(HD)と、総合人材サービスのインテリジェンスが2015年4月に設立した、大学生・社会人を対象に人材育成事業を行う合弁会社「ベネッセ i-キャリア」は、10月から新卒向け就職支援サービスを開始することを決め、7月23日、東京都内で発表会を行った。

大学生の就職活動をめぐって、同社は学生に「キャリア観の醸成」と「企業・社会の知識」が不足していると指摘。就活生と企業のミスマッチにより、新卒で就職した者の3年以内の離職率が3割を超えるのが現状(厚生労働省「新規大学卒業就職者の事業所規模別離職状況」)だ。こうしたことの改善を目指して登場するのが「ベネッセ i-キャリア」の新サービスだ。